今日はポータルサイトを見て、考えごとをしています。
あるポータルサイトで、こんな記事を見ました。
記事によると「日本国内のコンビニ市場が飽和に近い状況」だそうです。

その記事を見て、この記述に目が止まりました。
「今後も右肩上がりの経営を続けるのは難しい模様」
ということは、コンビニ業界もそろそろ業態転換を考える時期のようです。

ある事業が飽和状況の場合、解決策の一つが「ゆるやかで着実な業態転換」です。
できれば、時間をかけて段階的に業態転換を行えると良いそうです。
この場合の重要なカギが、転換期をいかに安定して過ごせるかです。
一般的には転換期には変動が伴いがちです。
ですが、変動はできる限り少ないほうが良いです。

この場合の注意点が、変動期を激動の時代にしないことです。
たとえ一大改革の結果は成功でも、変革期が激動すぎて疲弊してしまうのは考えものです。
また新業態は着実なもの、確実に利益を見込めるものであることが重要です。

私ってば素人なのに、何を言ってるのかしら。
一度どこかで聞いたことのある話を、得意げにしてしまいました。カードローン 金利 計算