広場がきたない結果、触発がたまっていらっしゃる。
でも、保守はできない。きたない住宅ふる里だから。
ふくよか。これも、広場が汚らしいことと関係している。
まとまりたい。綺麗な広場に住みたい。
でも、わが家には物体が多すぎて、保守ができない。
捨ててやりたいが、その前に、保守こなせる自分になるのが箇所です。
だから、助手くんに来てもらう。
助手くんがくれば、なんとかなるだろう。
めしも作ってもらえるといいなあ。
惣菜だけでも・・・。
がんらいファミリーをまだまだ終わるところに、疾患になってしまって、ますます住宅が汚くなった。
引っ越してきた時は、キュートだったのに、4時代ですっと汚れた。
でもまずは、ミニマリストになる。まずは、存在の必要本数を燃やす。
まずはファッションです。ウォークインクローゼットにしまおう。
広場の小包を持って行ってもらおう。
あとは、保守は助手くんに手伝ってもらおう。
そして、マキシマリストの旦那と応酬を繰り広げながら、すくないもので過ごすのだ。高麗美人 販売店