幼児教育無償化は、まあ、効果がないとは言わないです。目先のことに釣られて子供を産む人は多いですから。子供は増えると思うのです。少子化ですから、子供が増えてこそ、効果があったと言えるのかもしれませんね。
ただ、子供が小さいうちは、とにかく、家庭も子供の保育料は払う実力があるということなんですよね。お金がなくなるのは、子供が中学生や、高校生、大学生になった時なのです。
では、どうやって、子供を大学にやっているのでしょうか。都会に住んでいれば。家から通えるところにある大学にしか行くことはできません。まあ、田舎でも来るながありますから、車で通えるところとなります。更に、母親が、パートタイムでをして蓄え、夫ののサラッリーをコツコツとためて学費だけに当てるのです。生活費は、今までと変わりませんからかかりません。こうやって、しのいでいくのです。余裕が、幼児教育無償とはわけが違うのです。幼児教育無償がギリギリではありません。http://www.moodyforjustice.com/