最近読んだ本ですごく役にたった本があります。それは前山亜杜武さんの「スゴい人の法則」です。題名の通り、各界の一流と呼ばれる人達にインタビューし、印象的な言葉を紹介してくれています。これが本当に役に立つのです。前向きにもなれます。頑張ろうとやる気にさせてくれます。作者の前山さんが言うには、成功者の人達全員に、共通することが3つあるそうです。1つ目は「素直」2つ目は「努力」3つ目は「感謝」なのだそうです。この3つを大切にしながら実践していれば、必ずと言ってもいいほど成功するそうです。いくら優秀な人でも、どれか一つでも欠けていたのなら、一流にはなれなかったと言います。特に私が参考になったのは、努力の部分です。人間誰しも大きな壁にぶつかると思うのです。超一流の人達は、寝る間を惜しんで努力しています。すぐに叶わなくても諦めないのです。5年という長い年月をかけて夢を叶えた人もいました。絶対絶命のピンチに陥った人もいました。でもその人達は、目の前にあることを全身全霊でこなしています。泣き言など言わないのです。簡単に叶わないからこそ努力が大切なんだと、とても勉強になりました。私も努力を惜しまずに頑張ります。味覚障害