Month: 1月 2017

マキシマリストの彼と同居するのが恐ろしいけれど

広場がきたない結果、触発がたまっていらっしゃる。
でも、保守はできない。きたない住宅ふる里だから。
ふくよか。これも、広場が汚らしいことと関係している。
まとまりたい。綺麗な広場に住みたい。
でも、わが家には物体が多すぎて、保守ができない。
捨ててやりたいが、その前に、保守こなせる自分になるのが箇所です。
だから、助手くんに来てもらう。
助手くんがくれば、なんとかなるだろう。
めしも作ってもらえるといいなあ。
惣菜だけでも・・・。
がんらいファミリーをまだまだ終わるところに、疾患になってしまって、ますます住宅が汚くなった。
引っ越してきた時は、キュートだったのに、4時代ですっと汚れた。
でもまずは、ミニマリストになる。まずは、存在の必要本数を燃やす。
まずはファッションです。ウォークインクローゼットにしまおう。
広場の小包を持って行ってもらおう。
あとは、保守は助手くんに手伝ってもらおう。
そして、マキシマリストの旦那と応酬を繰り広げながら、すくないもので過ごすのだ。高麗美人 販売店

大人になってビジュアルファンブックを掴むことも、良いことだと願い始めました。

先日、ピクチャーブックが明るいと捉え始めました。今までは大人なのにピクチャーブックを掴むなんて、ちょっとダサイような感じがしていました。でもお友達の分娩祝いでピクチャーブックを貰うために、書店のピクチャーブック尖端を頻繁に訪れるようになってから、大人だからこそ、ピクチャーブックをよむべきなんじゃないかなと意識が変わってきました。過日読んだピクチャーブックは「はがぬけたよ」(安江リエ作品、山口マオ図説)だ。ターゲットの口を開けてある赤ん坊の面構えが、結構良くて教科書を読み始めました。読み切るうちに、乳歯が抜けそうで、抜けなくて右往左往していた小学生のところの自分のコーディネートを思い出していました。大人になって営業のことばかり考えていたぼくにとって、昔を思い出す良い機会を得ることができました。乳歯を抜き、永久歯があることが良識に過ごしていました。でも、全ての乳歯を抜くまでに、私も色んなことがあったなぁとぐっと思い出していました。ピクチャーブックを掴むと、大人になって忘れてしまっていたことに感づくことがたくさんあります。キャッシング 金利 無料