Month: 8月 2017

息子の提言フレグランスの適宜剤を活かしはじめましたが

我が家の洗濯物は洗剤オンリー。粉せっけんを使っています。なのでまったく香りとは無縁の洗濯アイテムだ。しかしお子さんが卒業した先人から最近最高峰をもらってくると、こういう最高峰がさんざっぱら素晴らしい香りなので、うちの洗濯物にも香りをつけてくれと申し入れが。かなりそんなことに興味のないこちらはまた妨害を言い出したななんて思っていました。しかし一緒に注文へ行くと香りの臨機応変剤を皆目買わされてしまい、いざ使おうと思ったときに使い方がわからない真実に直面しました。
買ったものは詰め替え専門、我が家の開いているケースに入れようと思って安っぽい詰め替え専門を買ってきたものの押し込める機などの品評が無く、何時入れていいのかわからないこちらだ。周囲に訊くのも恥ずかしいし、便宜上柔軟にならなくとも香りが付いていればいいかと適当なところで入れて使用しています。そのおかげでふっと客間の香りも宜しい匂いがするようになりました。たまには臨機応変剤も嬉しい物なのかもと願い始めた近頃だ。脱毛 腕

「BONES 骨は語る」シーズン6 第1話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン6の第1話「再会のとき」を見ました。
シーズン5のラストでそれぞれ別の道を行くことになったメンバー達でしたが、それから7ヶ月後、一人残されたカミールのピンチを救うため再び集結するというストーリーでした。被害者の身元が特定できず、捜査が暗礁に乗り上げた事件でしたが、ブレナン達の手にかかればあっという間に解決してしまった展開はさすがでした。
「要となる人物が欠けると、集団が成り立たなくなる」という持論を語ったブレナンがとても印象的でした。要となる人物は自分だと言っていましたが、実はジュリアン検事なのだと最後には認めたブレナン。なんだか大人になったなぁとしみじみしてしまいます。
また、アンジェラの妊娠に、心からの喜びを感じていたジャックには胸打たれました。スイーツはなんだかチャラい感じになっていて少し驚きましたが、デイジーに猛アプローチされて逃げ腰になっていた様子には思わず笑ってしまいました。